2011年10月12日

肺がんの予防食

肺がん予防

ピーナッツで肺がん予防

ピーナッツに多く含まれるポリフェノールのレスベラトロール

イギリスのバーンズ博士の研究
レスベラトロールが肺の細胞のあらゆる炎症を抑制する作用がわかった。
肺を毒素から守る酵素を元気にするという抗酸化作用がある。

トマトで肺がん予防
tomato.jpg

順天堂大学 医学部
瀬山邦明 准教授の研究
トマトのリコピンには、たばこが原因で起きる肺気腫を防ぐ効果があることが分かった。

リコピンは抗酸化作用が強く ビタミンEの抗酸化力の100倍

ピーナッツを殻ごと茹でる
レスベラトロールは殻に多く含まれており
茹でることで、レスベラトロールが身のほうに成分が移動する。

長寿ホルモン
アディポネクチン
糖尿病、動脈硬化、ガンなどを予防する効果のある長寿ホルモン
アディポネクチンと同じ働きをするオスモチン

トマト、りんご、キウイ、などに多く含まれている。

トマトジュース+茹でたピーナッツ+りんご+キウイ
ミキサーにかける。
posted by 健康ライフ at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。