2013年07月03日

アンチミューラリアンホルモン

フジテレビ 特ダネ まとめ

アンチミューラリアンホルモン(AMH)

血液採取してホルモンを検査  検査費用6300円 保険適用なし
 卵子の数がわかる
アンチミューラリアンホルモン(AMH)
卵胞が成長する過程で分泌するホルモン
その値を測ることで卵子の数がわかる。
名古屋市
浅田レディース名古屋駅前クリニック 浅田院長

女性は200万個の卵子を持って生まれ
そこから減少していく。
12歳で30万個 
それから1回の月経で約1000個ずつ減少。
同年代でも大きな個人差がある。

アンチミューラリアンホルモン(AMH)
適正値は2.8〜5.6ng/ml

32歳の一般的な卵子の数は約6万個
Aさんの卵子の数は約3万個

卵子が減ることを防ぐというのは事実上できない。

卵子の数が少ないということは子供を産める時間が人より少ない。
妊娠可能な年齢が早まる。

妊娠出産の限界は一般的には42.43歳
あたなの場合は37〜39歳が妊娠の限界年齢と考えて行動してほしいと思いますね。

卵子の数はに大きな個人差がある。
ほとんどゼロの方も。

卵子の数が多い少ないに関係なく卵子の質は年齢に比例する。
遅れるほど妊娠率に直結する。

年齢と共に卵子の質は低下し
流産、障害の割合が増えてくる。

女性で卵子の少ない方は、体外受精を(費用約60万)する方も増えている。
posted by 健康ライフ at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。